本当のトコロ教えます!タワーマンションのホンネと実態

スポンサーリンク

タワーマンションに住んでいます!

家に遊びに来る友人は「タワーマンションって素敵ね!」と言ってくれます。そう、うちは33階建てタワーマンションの27階。目の前を遮る建物はなく、毎日眺望を楽しんでいます。

たいていの友人からは、「タワーマンションって素敵だけど、地震の時に怖くなかった?」という質問が次に出てきます。タワーマンションのメリットは多いけれどデメリットもありそう、と感じるのは当然だと思います。

マンションを購入しようという友人からも相談を受けることがあります。なので、実際に住んでみた私自身の実感を交えて、詳しくご紹介してみたいと思います。

うちは中古で購入しました!

うちは私の両親の家の近所でマンションを探していて、たまたま再開発地域のタワーマンションの仲介物件を紹介されて5年前に購入しました。中古だけど大手会社の物件でしっかりした造りで敷地内に公園などの設備も整っていて、それなのに近隣の新築マンションに比べてお手頃価格だったので、決めました。私の家族は夫と7歳と2歳の子どもです。私が仕事をするために、保育園事情と実家の近くという条件が外せませんでした。

一口にタワーマンションといってもいろいろですが

タワーマンションといってもエリアによって、またグレードによって違います。湾岸や都心などでマンションコンシェルジェのいる高級なマンションは、最上階近くは、当然億ション。でも、うちのようにちょっと離れたエリアでは普通のファミリーが住んでいる物件もあります。私が住んでいるマンションには、同じような小さい子どものいる家族が多く、暮らしやすいと思っています。

タワーマンションとは?

タワーマンションとは、一般的には高さが100メートル以上のものをいうそうです。階数にして30階以上、最近は45階建てくらいまであるそうです。戸数でいうと、300戸から600戸以上程度、人数にして1500人から3000人くらいになります。うちのマンションの場合も350世帯、居住者が1800人くらいいるそうです。

高層階を中心にご紹介します!

私が高層階に住んでいるので、主に高層階について、タワーマンションの住み心地をご紹介します。資産価値に興味がある方もいると思うので、住み替えをした方の情報も書いてみます。タワーマンションに住んでみたい!という方のご参考になれば幸いです。